hhstyle.com


メルセデス・ベンツ レーシングヒストリー




メルセデス・ベンツ レーシングヒストリー

アルフレート・ノイバウア 著(元、メルセデス・ベンツチーム監督)
橋本茂春 翻訳

長い伝統を誇るダイムラー・ベンツ社が、F-1グランプリ、ルマン等を席巻
してきた軌跡とレースドライバーの苦悩と生涯を監督の克明な記述によって
語られます。

発刊によせて  高島鎮雄
序章   スターリング・モス
1 カラッチオラのデビュー
2 魔のニュルブルリンク
3 1929年の恐慌
4 宿敵ヌボラーリとバルツィ
5 メルセデスとブガッティの対決
6 不吉な予言
7 ヨーロッパの悲劇
8 レース監督の非情と友情
9 バルツィの華やかな情事
10 ライバルの登場
11 墜落と破滅
12 新人ヘルマン・ランクの台頭
13 時速450Kmの死
14 ナチズムの横暴
15 1938年―大戦の危機
16 メルセデスの活躍
17 シーマン最後のレース
18 戦争の終結
19 メルセデスのカムバック
20 1955年ル・マンの大惨事
21 偉大な時の終わり
  訳者あとがき
  「シルバー・アロー」の復活


メルセデス・ベンツの思想




メルセデス・ベンツの思想

著者:インゴ・ザイフ /中村昭彦
出版社:講談社

「メルセデス・ベンツらしさ」が、よくわかる比類なき一冊。
「一度入手したら手放せないクルマ」、その完璧なる成功に迫ります。

【目次】
第1章 原動機付き二輪車からの100年
第2章 ベルタ・ベンツとルイーズ・サラザン―自動車史に名を残す二人の
    女性
第3章 ダイムラーエンジン、世界を制す
第4章 機械技術家ヴィルヘルム・マイバッハ
第5章 メルセデスの名づけ親―イェリネックの物語
第6章 自動車レースの95年
第7章 スーパーチャージャーの時代
第8章 飽くなき新技術への挑戦
第9章 サーキットを制圧した銀の矢、ジルバープファイレ
第10章 夢の名車300SL
第11章 C111―変幻自在のプロトタイプ
第12章 安全はすべてに優越する/第13章 ディーゼル革命


メルセデス・ベンツに乗るということ




メルセデス・ベンツに乗るということ

著者:赤池学 /金谷年展
出版社:日本経済新聞社

「本当の安全性とは?」「環境と共存していくには?」「人間本位の社会を
デザインする企業とは?」そして「消費者が本当に望んでいることは?」
―メルセデス・ベンツという車を通して21世紀のビジネスを考えるための、
10の問題提起。

【目次】
序章 自動車に乗るということ
第1章 自動車ユーザーにとってのメルセデス・ベンツ(“消費者無知”の
    実態をあなたは知っているか/安全に配慮するとはどういうことか/
    耐久力のある車とはいかなるものか/車と健康について考えたこと
    があるか)
第2章 生活者にとってのメルセデス・ベンツ(低公害車の真実を知ってい
    るか/車がもたらす廃棄物汚染の実態を知っているか/エコファク
    トリーのあるべき姿とはどういうものか)
第3章 企業人にとってのメルセデス・ベンツ(企業のソーシャル・デザ
    インはビジネスになるか/ユーザー・オリエンテッドの真髄とは
    何か/改めて問う、人本主義社会とはどういうものか)
終章 未来社会をドライブするということ


メルセデス・ベンツ
ウィークポイント&トラブル 対策バイブル




メルセデス・ベンツ
    ウィークポイント&トラブル 対策バイブル


本書は、輸入車ではどんなトラブルが発生しやすく、それらを改善するには
どのようなメンテナンスが必要なのかを紹介しています。

●メルセデスベンツ ミディアム&スモールセダンの系譜
●メンテナンス概要
●日常点検ポイント&基本メンテ情報
●液体類、定期交換部品の交換工程を解説
 初級メンテナンスノウハウ
●定番消耗パーツの交換作業を完全解説
 アドバンスド・メンテナンスノウハウ
●メルセデスの鬼門となる弱点を完全対策
 ウィークポイント対策ノウハウ
●新車時の乗り味を再現する!
 サスペンションリフレッシュノウハウ
●エンジン脱着から分解、加工、チューニングまで
 M119エンジン完全オーバーホール術
●“もっと便利に快適に”を目指してMercedes的快適化アイテム取り
  付けガイド
●名車中の名車、W124 500E/E500を500Eらしく走らせるためのメンテ術
●疲れにくく、最適なポジションがとれる純正シート考察
●純正&OEM部品を賢く安く手に入れる方法
●話題のパーツを徹底CHECK
●メンテ&チューンを任せるならこのショップ
●完全保存版W124 & W201 トルクセッティングDATA


メルセデス・ベンツ栄光の歴史




メルセデス・ベンツ栄光の歴史

著者:ジョン・ハイリッグ /メガ・シィ・アンド・ピィ
出版社:TBSブリタニカ /阪急コミュニケーション

至高の品質・洗練の走り・伝統のデザインは、どこから来たか。
貴重・鮮烈写真150点。

【目次】
自動車の誕生/ダイムラーとマイバッハ/ベンツ/メルセデス/
ダイムラーとベンツ:合併前/第1次世界大戦後の車たち/
ダイムラーとベンツの合併/ダイムラー‐ベンツの最初の車たち/
第2次世界大戦後の生産の始まり/安全性〔ほか〕





輸入車に安心して乗る方法




輸入車に安心して乗る方法

出版社:辰巳出版

輸入車オーナーおよびこれから中古で輸入車の購入を検討されている方に
向けて、輸入車ではどのようなトラブルが発生する可能性があるのか?
その原因として考えられる箇所とトラブルを解決するために掛かる費用など
を解説したものです。

こうしたトラブル解決的なノウハウ本では、とかく専門用語が多くなり自動
車のメカニズムに詳しくない方には難解な印象を持たれがちですが、この本
では実際にオーナーが感じるトラブルや不具合の症状を見出しとして表記し、
その原因をなるべく分かりやすく解説してあります。

今回はメルセデス・ベンツの中でも年式的に様々なトラブルが発生し始める
先代モデルのW210 E-Class/R129 SL-Class/W140 S-Classや根強いファン
の多い先々代モデルW124 E-Class/W201 190Eを対象として、各モデルの
概要からモデル変遷の歴史までも網羅し、輸入車に興味のある方にとって、
資料性の高い読み応えのある内容になってます。

■主な取り扱いモデル■
W201 190E/W202 C-Class/W124 E-Class/W210 E-Class/
R129 SL-Class/W140 S-Class

●モデル&メンテナンスガイド
●中古メルセデスを手に入れたらまず確認したい基本点検ポイント
●エンジン関係のトラブル
(アイドリング不良、エンジンストップ、異音の発生……etc.)
●冷却系統のトラブル
(水温上昇、冷却水の漏れ、ファンの作動不良……、etc.)
●オイル・フルードの漏れ
(エンジンオイル、ATF、パワステフルード……etc.)
●シャシー関係のトラブル
(直進性の悪化、変速ショック、制動不良……etc.)
●インテリア関係のトラブル
(エアコンの故障、きしみ音の発生、電装部品の故障……etc.)
●カスタマイズノウハウ
(インチアップ、ローダウン、カーナビ装着……etc.)
●トラブルを解決するために……
●キーワード別索引
●純正部品価格リスト


オンリーメルセデス 
コンプリートカーの世界 AMG version




オンリーメルセデス / コンプリートカーの世界
                  AMG version


本ではなく、オススメのDVDのご紹介です。

<内容>
世界中の人々の憧れ的であるメルセデスベンツから、AMGが放つコンプリート
モデルを徹底的にクローズアップしたモーターファン必見作。
AMGのエンブレムに息づく歴史、開発に対する熱い魂など、誰も知らなかった
AMGコンプリートカーの真実を収録。

<仕様>
収録時間: 51分
フォーマット: DVD Video
レコード・フォーマット: 片面1層
サイズ: 4:3スタンダード
リージョン: 2
カラー
音声 :日本語: Dolby Digital ステレオ


Daimler Chrysler Chronik 1883-1998




Daimler Chrysler Chronik 1883-1998

900枚もの貴重な写真を使いダイムラー・ベンツのモデル変遷を紹介。
乗用車、トラック、モータースポーツでのベンツのモデル進化と同社の
歴史を解説。



メルセデス・ベンツの作り方


メルセデス・ベンツの作り方

メルセデス・ベンツの作り方

クルマ・ヒト・モノにまつわる逸話録
出版社:TOKIMEKIパブリッシング /角川書店

ドイツ本社独占取材で明かされるベンツの真実!
  
【目次】
第1章 メルセデスはこうして作られる(「ジンデルフィンゲンに愛車を取りに行こう!」/「事故調査隊が今日もゆく」 ほか)

第2章 メルセデス・ベンツの人(「日本最北の島でCクラスを維持する男」/「メルセデスのタクシー会社を作った男」 ほか)

第3章 役立たずのメルセデス雑学(「国家元首はメルセデスがお好き?」/「数字で見るダイムラークライスラーの真実」 ほか)

第4章 メルセデスの基本データ(「メルセデス・ベンツの見分けかた」/「日本とアメリカで、メルセデスの値段が違うワケ」 ほか)


メルセデスの魂


メルセデスの魂

メルセデスの魂

著者:御堀直嗣
出版社:河出書房新社

BMW、フォルクスワーゲン、ポルシェ…すべてはメルセデス・ベンツからはじまった。自動車発祥の地“シュツットガルト”。その歴史と風土から、メルセデス・ベンツの本質をひもとく。

【目次】
第1章 世界を動かした二人カール・ベンツとゴットリープ・ダイムラー(カール・ベンツが作り出した「馬なし馬車」/自動車への不安ほか)

第2章 自動車が、シュツットガルトで生まれた理由(シュツットガルトにまつわる自動車の歴史/「雌馬の庭」を意味する町 ほか)

第3章 メルセデス・ベンツに与えられた“四つのコア・バリュー”とは何か(メルセデス・ベンツの価値とは何か/第一次世界大戦後に混迷するドイツ自動車業界 ほか)

第4章 メルセデス・ベンツが、BMWに与えた影響(ダイムラー・ベンツ社と他メーカーとの関わり/エンジンにこだわるBMW ほか)

第5章 メルセデス・ベンツが受け継ぐ技術、紡ぐ未来(メルセデス・ベンツが描く未来/モータースポーツの歴史 ほか)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。