hhstyle.com


メルセデスベンツ「ビアノ」が「Vクラス」に車名変更


ダイムラークライスラー日本は、マルチパーパスビークルのメルセデスベンツ
『ビアノ』を『Vクラス』に変更し、エンジン排気量を拡大して販売を開始。

v350.jpg

Vクラスは「V350トレンド」、「V350アンビエンテ」、「V350アンビエンテ・
ロング」を設定。エンジンは従来の3.2リットルV6エンジンに代えて、最高
出力231PS、最大トルク35.2kgmを発揮する3.7リッターV6エンジンを搭載し、
走行性能を高めています。

装備では、各モデルとも17インチ6スポークアルミホイールやプレイバシー
ガラスを装備。発進時や低速走行時に車両前方の死角部分をルームミラー内
のモニターで表示する助手席ドアミラー内臓サイドビューカメラを標準装備
しています。

V350トレンドは、室内はファブリックと人口皮革のコンビネーションを使用
したシートを採用。オプションで電動デュアルスライディングドア、パーク
トロニックなどを装備したラグジュアリーパッケージを設定。

Vクラスの価格は下記のとおり。

・V 350 TREND ¥4,300,000
・V 350 AMBIENTE ¥5,780,000
・V 350 AMBIENTE long ¥5,990,000


メルセデス・ベンツ / ビアノ 3.2 リミテッド


メルセデス・ベンツのラグジュアリー マルチ・パーパス・ビークル「ビアノ」の特別仕様車。

Viano-Limited-1.jpg


メルセデス・ベンツ / ビアノ 3.2 リミテッド


この特別仕様車は、ビアノ 3.2 トレンドをベースに、プライバシーガラスやBピラーパネル(カーボン調)、17インチ6スポークアルミホイールを装着し、スポーティなスタイリングに仕上げられています。

また、インテリアには、専用のファブリックシート(前席シートヒーター付)や、エアコン操作パネル部およびエアコン吹き出し口にアルミニウム調パネルを採用し、上質かつスタイリッシュな室内空間を演出。

さらに、前後の障害物を感知することにより駐車時や狭い場所での運転操作をサポートするパークトロニックや、オプションとして人気の高い6連奏CDオートチェンジャー、ETC車載器を装備し、実用性と利便性を高めています。

3.2リッターV型6気筒SOHCエンジンは、最高出力218ps(160kW)/5600rpm、最大トルク31.1kg・m(305N・m)/2800〜4750rpmを発生。

ビアノ 3.2 リミテッドの価格は¥5,229,000。250台限定。


メルセデス・ベンツ / Viano(ビアノ) インテリア


メルセデス・ベンツ / Viano(ビアノ)のインテリア。
Viano-in-01.jpg
Viano-IN-03.jpg

Vクラスからは、インパネ回りもアップデート。

シート配列は2+2+2を基本に、多彩なアレンジが可能に。このクラスの魅力の1つとなっています。オプションで7人/8人乗りも選択することができます。

Viano-IN-02.jpg
Viano-in-04.jpg


メルセデス・ベンツ / Viano(ビアノ)


Viano-1.jpg

Viano-2.jpg


メルセデス・ベンツ / Viano(ビアノ)

ビアノはバネオの兄貴分にあたるマルチパーパス・ビークル(多目的車)で、Vクラスの代役を担う車種です。Vクラスの無骨さはなくなり、優しい顔つきになりました。

ボディは全長4755mm、全幅 1910mm、全高1930mm、ホイールベース3200mmとかなり大柄な7人乗り。
ロングボディ・バージョンもラインナップされ、そちらは全長5000mmのボディを持ちます。

注目は、駆動方式を従来のエンジン横置きによるFFから、縦置きによるFRレイアウトに戻しているという点。理由として、前後重量配分の最適化、トーイング荷重の増加、回転半径の縮小、衝突安全性の向上、そしてEクラスとの部品共有によるコスト低減などのメリットが挙げられているます。

従来までのVシリーズが、2.3L直4と2.8L V6なのに対し、ビアノが搭載するのはE320アバンギャルドと同じ3.2L V6。パワーも143/174馬力から最高218馬力へと大幅にレベルアップ。

最高出力(ps(kW)/rpm) =218(160)/5700
最大トルク(kg-m(Nm)/rpm) =31.1(305)/2800-4750

価格は¥5,040,000〜¥5,985,000。

Mercedes-Benz Viano-in-1.jpgMercedes-Benz Viano-in-2.jpgMercedes-Benz Viano-in-3.jpg


メルセデス・ベンツ / ビアーノ・アクティビティ


メルセデス・ベンツが、IAA(国際商用車モーターショー)に出展した、大型ミニバン「ビアーノ」をベースとした、ピックアップトラックのコンセプトカー。

MB-Viano-activity.jpg

メルセデス・ベンツ / ビアーノ・アクティビティ

ピックアップというと、セダンの後ろ側を荷室に変えたようなものが多いですが、ビアーノ・アクティビティでは、ミニバンの持つスペースユーティリティを活かしたボリューム感に溢れるトラックに仕上がっています。

メルセデス・ベンツはこれをヨーロピアン・ダイナミズムとアメリカン・スタイルの融合とし、仕事にも使え、日常ユースではミニバンとなんら変わらない高いアイポイントの運転感覚を味わえる点をアピール。

オフロードでエンジンを保護するアンダーガードやファッショナブルな19インチの大径ホイール、アルミのサイドパネルを与え、RV感覚を強めてもいます。

しかし、エクステリアだけが特徴ではありません。

3列シートは無いものの、セカンドシートは大型のスライドドアを与えることで乗り降りを容易にし、フロントシートには180度反転可能な対面式シートを採用するなど、実用的で遊び心に溢れたインテリア空間を提供。

さらに驚きのギミックとして、通常状態ではサードシートぶんの奥行きしかない荷台は、さらに大きな荷物を積めるよう延長できるようになっていて、それを引き延ばせば5mのボディが5.7mに変身。これには驚きます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。