hhstyle.com


メルセデス・ベンツ / 新型Cクラス


メルセデス・ベンツはデトロイトモーターショー14のプレビューイベントで新型メルセデス・ベンツ『Cクラス』を世界初公開しました。

2015 Mercedes-Benz C-Class-01.jpg
2015 Mercedes-Benz C-Class-02.jpg

4世代目となる新型は、先にデビューした新型『Sクラス』のモチーフを反映したデザイン。テールランプの形状や「エクスクルーシブ ライン(旧「エレガンス」)」仕様のフロントグリルに、新型Sクラスとの共通性を感じさせます。なお、「アバンギャルド」仕様は、先代同様、スリー・ポインテッド・スターをグリルに配置。

ボディサイズは、全長4686×全幅1810×全高1442mm。ホイールベース2840mm。先代比で95mm長く、40mmワイド、ホイールベースは80mm延びました。ボディを大型化したにもかかわらず、新型は先代比で最大100kg軽量化。これは、アルミ製ボディパネルや、新世代後輪駆動モジュラープラットホームの採用の成果が大きいと思われます。

2015 Mercedes-Benz C-Class-03.jpg

欧州仕様は、発売当初、3グレードを設定。「C180」は1.6リットル直列4気筒ガソリンターボで、最大出力156ps。「C200」は2.0リットル直列4気筒ガソリンターボで、最大出力184psを引き出します。「C220ブルーテック」は2.2リットル直列4気筒ターボディーゼルで、最大出力170psを発生。メルセデスベンツによると、先代比で最大20%燃費を改善しているといいます。

新型のインテリアは、メルセデスの最新デザイントレンドに沿い、新型4ドアクーペの『CLAクラス』に近い、流れるようなダッシュボードデザインが特徴。3本スポークのステアリングホイールや5か所の丸い空調も、CLAに近い雰囲気となっています。

2015 Mercedes-Benz C-Class-04.jpg
2015 Mercedes-Benz C-Class-05.jpg
2015 Mercedes-Benz C-Class-06.jpg

新開発の「タッチパッド」も、新型の特徴装備。従来型では、オートマチックのセレクターレバーのある位置に、65×45mmの操作部をレイアウト。スマートフォンやタブレット型端末同様、指の動きによって、各種インフォテインメントシステムの操作が可能。
posted by benzlove at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


メルセデス・ベンツ /
C63 AMG パフォーマンススタジオ エディション


メルセデス・ベンツ日本は、「C63 AMG(セダン)」にAMGパフォーマンススタジオによる日本向けの特別装備を施した『C63 AMG パフォーマンススタジオ エディション』を発売しました。納車は2012年11月頃から開始する予定。

Mercedes-Benz C63 AMG Performance Studio Edition-01.jpg
Mercedes-Benz C63 AMG Performance Studio Edition-02.jpg

特別仕様車は、ボディカラーにdesignoマグノナイトブラックを採用。リムエッジ部をレッドカラーでペイントした専用マットブラック19インチAMGマルチスポークアルミホイールが精悍なエクステリアを演出します。

インテリアは、シートやダッシュボードだけでなく、アームレスト、センターコンソール、ドアパネル等の細部に至るまで最高級ナッパレザーを採用。さらに前席はシート背面およびシート下部コンソール部分にもナッパレザーを使用した専用シートを採用しています。

Mercedes-Benz C63 AMG Performance Studio Edition-03.jpg
Mercedes-Benz C63 AMG Performance Studio Edition-05.jpg
Mercedes-Benz C63 AMG Performance Studio Edition-04.jpg

性能面ではAMGパフォーマンスパッケージを採用。最高出力を30ps向上させるなど、運動性能を高めています。さらに、エンジン出力/トルク、Gセンサー、サーキットでのラップタイム等を表示するAMGパフォーマンスメディアを装備。

『C63 AMG パフォーマンススタジオ エディション』の価格は¥15.000.000。
posted by benzlove at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


メルセデス・ベンツ / C180 ブルーエフィシェンシー
60thアニバーサリーリミテッド


ヤナセは、メルセデス・ベンツ販売60周年を記念した特別仕様を施した限定車、『C180ブルーエフィシェンシー 60thアニバーサリーリミテッド』を設定。6月9日、10日に開催する「ヤナセ メルセデス・ベンツ販売60周年記念フェア」で発売します。
C180ブルーエフィシェンシー 60th アニバーサリー リミテッド-01.jpg
限定車は、メルセデス・ベンツ『C180ブルーエフィシェンシー』(セダン/ステーションワゴン)をベースに、ボディカラーには、パラジウムシルバーを採用。AMGスポーツパッケージやアドバンストライトパッケージに加え、通常、設定のないブラックとポーセレン(乳白色)のコントラストが際立つ専用インテリアなどを特別装備しました。

C180ブルーエフィシェンシー 60th アニバーサリー リミテッド-02.jpg

価格はセダンが465万円、ワゴンが463万円。限定台数は各60台。
posted by benzlove at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


メルセデス・ベンツ / C63 AMGクーペ


メルセデス・ベンツ『Cクラス』の高性能スポーツクーペ『C63 AMGクーペ』。

Mercedes-Benz C63 AMG Coupe-2012-01.jpg
Mercedes-Benz C63 AMG Coupe-2012-02.jpg
Mercedes-Benz C63 AMG Coupe-2012-03.jpg

C63 AMGクーペは、新型Cクラスの2ドアクーペのプロポーションに、新設計「AMGフロントエプロン」や、新型「ラジエターグリル」、パワードームを備えた「アルミニウムボンネット」、ワイドな「フロントフェンダー」などを装備します。

インテリアは、新型『C63 AMG(セダン・ステーションワゴン)』と同様、スポーティで高品質な室内空間に仕上げられています。

Mercedes-Benz C63 AMG Coupe-2012-04.jpg
Mercedes-Benz C63 AMG Coupe-2012-05.jpg

モニターを一体化した新設計のダッシュボードとインストルメントパネルは、「AMG」ロゴによるスタートアップスクリーン・レースタイマー機能をもつ専用マルチファンクションディスプレイを備えたスポーティな3つの独立型円形メーターを採用。「AMGパフォーマンスステアリングホイール」や、「アルミニウム製シフトパドル」などと相まってスポーティなデザインとしています。センターコンソールやダッシュボードには、専用ダークアルミニウムの幅広いトリムパネルをあしらわれています。

センターコンソールには、トランスミッションのC・S・S+・Mモードと、レーススタート機能を選択するダイヤルスイッチを設置。シートは上質なdesignoナッパレザーと水平シームラインによるスポーティなデザインで、AMGロゴをあしらったヘッドレスト一体型のAMGスポーツシートを採用します。

エンジンは、C63AMGと同じAMG独自開発の6.3リットルV8エンジンを搭載。最高出力は457hp、最大トルクが600Nmで、0〜100km/h加速が4.5秒、最高速度は250km/h(リミッター作動)。

Mercedes-Benz C63 AMG Coupe-2012-06.jpg

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎副社長は、「C63AMGクーペは、いままで我々が持っていなかったセグメントのモデルで、ライバル車種からユーザーを獲得していきたい」と販売に自信をみせました。
posted by benzlove at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


メルセデス・ベンツ / DTM AMGメルセデスCクーペ


ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー11。メルセデスベンツのブースでは、モータースポーツに関する重大発表がありました。2012年シーズンのDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)に投入するニューマシン、『DTM AMGメルセデスCクーペ』が初公開されたのです。

Mercedes-Benz C-Coupe AMG DTM Race Car-2012-01.jpg

メルセデスベンツはプレゼンターに、メルセデスGPのF1ドライバー、ミハエル・シューマッハとニコ・ロズベルグの両選手を起用する力の入れよう。156戦84勝という輝かしい戦績を残した従来の『Cクラスセダン』ベースのマシンの後継車として、堂々のワールドプレミアを飾ったわけです。

新型マシンの大きな特徴が、安全性の追求。カーボンファイバー製モノコックと高張力スチール製ロールケージの組み合わせに加えて、前後、左右の衝突からドライバーを守る6つの衝撃エネルギー吸収構造が採用されています。

Mercedes-Benz C-Coupe AMG DTM Race Car-2012-02.jpg
Mercedes-Benz C-Coupe AMG DTM Race Car-2012-03.jpg

シューマッハ選手は、「新型の安全性能はツーリングカーレース界の新たな基準だ」とコメント。ロズベルグ選手は、「新マシンがメルセデスベンツにDTMタイトルをもたらすだろう」と語っています。
posted by benzlove at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


メルセデス・ベンツ / C63 AMGクーペ ブラックシリーズ


メルセデス・ベンツ日本は、高性能パーソナルスポーツクーペ『C63 AMGクーペ』のスペシャル
チューニングモデル『C63 AMGクーペ・ブラックシリーズ』を東京モーターショー11で日本初公開
しました。

Mercedes-Benz C63 AMG Coupe Black Series-01.jpg
Mercedes-Benz C63 AMG Coupe Black Series-02.jpg

C63AMGクーペ・ブラックシリーズは、先に発表されたC63AMGクーペをベースにしたトップ・
モデルで、搭載されるエンジンはSLSから移植されたM156、すなわちスタンダード・アスピレー
ションの6.2リッターV8です。

ただし最高出力は517ps、最大トルクは620Nmとややディチューンされています。0-100km/h
加速4.2秒と歴代Cクラス最強の運動性能を実現しました。

大型オイルクーラーや好みのセッティングが可能なサスペンションを装備します。組み合わさ
れるトランスミッションはAMGスピードシフトMCT7スピードで、ギアチェンジは100ミリセカンド
で行う事が可能。

この性能に呼応するべくブレーキはフロント390×36mm、リアは360×26mm のベンチレー
テッド・ディスクで、フィックスマウントキャリパーはフロントに6ポッド、リア4ポッドの
ピストンを持っています。

インテリア。
Mercedes-Benz C63 AMG Coupe Black Series-05.jpg
Mercedes-Benz C63 AMG Coupe Black Series-03.jpg
Mercedes-Benz C63 AMG Coupe Black Series-04.jpg
Mercedes-Benz C63 AMG Coupe Black Series-06.jpg
posted by benzlove at 13:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


メルセデス・ベンツ / C63 AMG Affalterbach Edition


C63 AMGのカナダ限定のモデル、『C63 AMG Affalterbach Edition』。
Mercedes-Benz C63 AMG Affalterbach Edition-1.jpg
Mercedes-Benz C63 AMG Affalterbach Edition-2.jpg
Mercedes-Benz C63 AMG Affalterbach Edition-3.jpg
Mercedes-Benz C63 AMG Affalterbach Edition-4.jpg
Mercedes-Benz C63 AMG Affalterbach Edition-5.jpg
Mercedes-Benz C63 AMG Affalterbach Edition-6.jpg

AMGの本社工場、アファルターパッハ(Affalterbach)エディションということのようです。
posted by benzlove at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


メルセデス・ベンツ / C63 AMG コンセプト358


メルセデスベンツオーストラリアが、シドニーモーターショーにおいて披露した、C63AMGの
特別モデル、『コンセプト358』。
C63 AMG Concept 358-2.jpg

同車はメルセデスベンツの高性能車開発部門のAMGが、シドニーモーターショーのために特別
製作したワンオフモデル。

車名の358とは、6.2リットルV型8気筒エンジンが、「AMGパフォーマンスパッケージプラス」に
よって、最大出力358kW(487ps)へ引き上げられたことを意味します。0-100km/h加速は4.4
秒、最高速は250km/h(リミッター作動)の実力。

C63 AMG Concept 358-1.jpg

目を引くのは、オレンジのボディカラー。
これは、AMG本社のあるドイツ・アファルターパッハで塗装された特別色で、「デジーノパール
オレンジ」と呼ばれるもの。AMGによると、同社が手がけたオレンジ色のC63AMGは、世界にこの
1台のみだそうです。

C63 AMG Concept 358-3.jpg

また、『コンセプト358』には、専用19インチアルミホイール、キーレスゴー、デジーノレザー
内装を装備し、特別感が演出されています。
posted by benzlove at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


メルセデス・ベンツ / Cクラスクーペ


メルセデス・ベンツのCクラスに、新たに『Cクラスクーペ』がラインナップされることに。
Mercedes-Benz C-Class Coupe-2011-08.jpg

3月1日に開幕するジュネーブモーターショーで正式発表されます。

これはドイツ本国での発表に先駆けて、メルセデスベンツの米国法人、メルセデスベンツUSA
が明らかにしたもの。Cクラスクーペは、米国では全く新しい車種。欧州では、『CLC』(旧
『Cクラススポーツクーペ』)の後継モデルに位置づけられます。

Mercedes-Benz C-Class Coupe-2011-01.jpg
Mercedes-Benz C-Class Coupe-2011-04.jpg

CLCが3ドアハッチバックボディだったのに対して、 Cクラスクーペは独立したトランクルーム
を持つ2ドアのノッチバックボディとなるのが特徴。

そのデザインは、フロントマスクは『Cクラスセダン』の「アバンギャルド」と共通イメージ。
グリルに配されたスリー・ポインテッド・スターがスポーティな雰囲気。セダンよりも約40mm
低い全高が、2ドアクーペの美しいシルエットを際立たせます。


インテリアは、フル4シーターの空間。後席は独立タイプの2名がけとなります。ダッシュボード
のデザインは、Cクラスを踏襲。C250はアルミパネル、C350はウォールナットウッドパネルで
装飾されます。
Mercedes-Benz C-Class Coupe-2011-05.jpg
Mercedes-Benz C-Class Coupe-2011-06.jpg
Mercedes-Benz C-Class Coupe-2011-07.jpg

米国向けのエンジンは、ガソリン2種類。
『C250クーペ』は直噴1.8リットル直列4気筒ターボで、最大出力201ps、最大トルク31.7kgm
を発生。0-96km/h加速7.1秒、最高速は210km/h(リミッター作動)。

『C350クーペ」は、「ブルーダイレクト」と呼ばれる新世代直噴3.5リットルV型6気筒で、最大
出力302ps、最大トルク37.8kgmを発生。0-96km/h加速5.9秒、最高速は210km/h(リミッター
作動)となります。

Mercedes-Benz C-Class Coupe-2011-03.jpg
Mercedes-Benz C-Class Coupe-2011-02.jpg

両グレードともに、トランスミッションは7速AT。米国EPA(環境保護局)予想燃費(複合モード
)は、C250クーペが10.2km/リットル、C350クーペが9.35km/ℓ。

新型Cクラスクーペは、米国では2012年モデルとして9月に発売。ダイムラーの販売担当取締役
は「Cクラスクーペは、新たな顧客獲得を狙うモデル。若々しくスタイリッシュで、魅力的」と
自信を見せています。
posted by benzlove at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


C63 AMG 2011年モデル インテリア


インテリアもリファインされ、ダッシュボードのデザインを『CLS63AMG』風に変更。
Mercedes Benz-C63AMG-2011-7.jpg
Mercedes Benz-C63AMG-2011-8.jpg

3トーンのステアリングホイールも新しいデザイン。トリムパネルはダークアルミをメインに、
ピアノブラックのアクセントが添えられています。
posted by benzlove at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


C63 AMG 2011年モデル


Cクラスの2011年は1月のデトロイトモーターショーで発表されていますが、そのAMGバージョンも
今回改良を受けました。
Mercedes Benz-C63AMG-2011-1.jpg

2011年モデルでは、スタイリングが進化。
フロントマスクは『SL63AMG』をモチーフとし、新デザインのグリル、ヘッドランプ、バンパー、
ボンネットフードなどを採用。このボンネットフードはアルミ化され、グリルのスリーポインテッド
スターも大型化されています。

Mercedes Benz-C63AMG-2011-2.jpg
Mercedes Benz-C63AMG-2011-4.jpg

エンジンは、従来の6.2リットルV型8気筒ガソリンNA(自然吸気)を引き続き搭載。スペックも
変わりなく、最大出力は457ps/6800rpm、最大トルクは61.2kgm/5000rpmを引き出します。
「AMGパフォーマンスパッケージ」も用意され、最大出力はプラス30psの487psへ引き上げら
れます。

Mercedes Benz-C63AMG-2011-6.jpg

トランスミッションは、SL63AMG譲りの7速「AMGスピードシフトMCT」を新採用。0‐100km/h
加速はセダンが4.5秒、ステーションワゴンが4.6秒、AMGパフォーマンスパッケージでは、それ
ぞれ4.4秒、4.5秒という優れたパフォーマンスを発揮します。

それでいて、新トランスミッションや新しいパワーステアリングポンプの採用などにより、欧州
複合モード燃費はセダンが8.33km/リットル、ステーションワゴンが8.13km/リットルと、約10%
改善。

足回りはダンパーやスプリング、スタビライザーなどのチューニングが見直され、ハンドリング
性能を向上。足元は、新デザインの18インチアルミホイールで引き締められています。

ステーションワゴンのスタイリング。
Mercedes Benz-C63AMG-2011-3.jpg
Mercedes Benz-C63AMG-2011-5.jpg

2011年モデルのC63AMGは、欧州では7月から販売開始。ドイツでの価格は7万1340ユーロ
(約800万円)からと公表されています。
posted by benzlove at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


メルセデス・ベンツ / C63 AMG エステートインテリア


メルセデス・ベンツ / C63 AMG エステートのインテリア。
Mercedes-Benz-C63 AMG-24.jpg
Mercedes-Benz-C63 AMG-25.jpg

セミバケットタイプを採用した前席のAMGスポーツシートとレーシングマシーンを彷彿とさせる
ボトムフラットタイプのステアリングが目を引き、専用のメーターパネルとアルミニウムのパドル
シフト、ステンレスのアクセル&ブレーキペダルが色を添えます。


基本はC63 AMG同じですが、さすがにシートアレンジではこちらが上。
Mercedes-Benz-C63 AMG-22.jpg
Mercedes-Benz-C63 AMG-23.jpg
Mercedes-Benz-C63 AMG-21.jpg
posted by benzlove at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


メルセデス・ベンツ / C63 AMG エステート


Mercedes-Benz-C 63 AMG Estate-1.jpg
Mercedes-Benz-C 63 AMG Estate-2.jpg

メルセデス・ベンツ / C63 AMG エステート

メルセデスベンツは、新型Cクラス エステート(現行型の日本名は「Cクラス ステーション
ワゴン」)デビューに合わせ、早くも最強最速のチューンドモデル「C63 AMG エステート」を世界
初公開しました。

車名通り、V8 6.3リッターエンジンを搭載。最高出力457ps(336kW)/6800rpm、最大トルク
600N・m/5000rpmの猛烈なパワーを誇り、0-100km/h加速はわずか4.6秒をマークする
モンスターマシンに仕上がっています。

組み合わされるのは、『AMG SPEEDSHIFT PLUS 7G-TRONIC』と呼ばれる3つのモードがセレクト
出来る専用7速AT。ステアリングホイールにはパドルシフトが組み込まれ、シフトダウン時には
ブリッピング(空ぶかし)し、素早く変速する機構も付いています。

Mercedes-Benz-C 63 AMG Estate-5.jpg
Mercedes-Benz-C 63 AMG Estate-4.jpg
Mercedes-Benz-C 63 AMG Estate-3.jpg

タイヤは前:235/40R18、後:255/35R18の前後異径サイズで、前:235/35R19、後:255/30R19
と、さらに大径なサイズもオプション設定されます。

さらに強烈なハイパワーに備え、大径の「AMG ハイパフォーマンス・ブレーキシステム」や「AMG
スピードセンシティブ・スポーツステアリング」、「3ステージESP」、「AMG スポーツサスペンション」
などの専用パーツを採用し、足腰周りも大幅に強化。

C63 AMG エステートの価格は、¥10.500.000。

Mercedes-Benz-C 63 AMG Estate-6.jpg
posted by benzlove at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


メルセデス・ベンツ / C63 AMG インテリア


メルセデス・ベンツ / C63 AMGのインテリア。

ステアリングホイールはAMG専用デザインの本革巻き3スポークで、7段ATをマニュアル感覚で
シフトできるパドルが付きます。
Mercedes-Benz-C 63 AMG-4.jpg

ナッパレザーとブラックバードアイメープルウッドが奢られたインテリア。

セミバケットタイプのスポーツシートが、コーナリング時にもしっかりカラダをホールド。
Mercedes-Benz-C 63 AMG-5.jpg


posted by benzlove at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


メルセデス・ベンツ / C63 AMG


Mercedes-Benz-C63 AMG-10.jpg

メルセデス・ベンツ / C63 AMG

ダイムラー・クライスラー日本は、新型Cクラスセダンのトップパフォーマンスモデル、C63 AMG
を10月24日より全国のメルセデス・ベンツ正規販売店を通じ予約注文を開始しました。納車は
2008年春頃を予定。

エクステリアでは、フロントデザインに2本のパワードームを備えたボンネットと、中央にスリー
ポインテッド・スターを配したAMG専用のグリルが目を引きます。専用にデザインされたフロント
スポイラーは、トレッドの拡大にともない大きくふくらんだホイールアーチと一体となって豪快な
スタイリングを演出。また、フロントスポイラーにはオイルクーラー用のサイドエアアウトレットが
設けられています。

Mercedes-Benz-C 63 AMG-1.jpg
Mercedes-Benz-C 63 AMG-2.jpg
Mercedes-Benz-C63 AMG11.jpg

さらに、チタニウムグレーペイント18インチAMG5スポークアルミホイール、AMGサイドスカート
とともに、リアには、3本の特徴的なディフューザーフィンを備えた AMGリアスカート、AMG
デュアルツインクロームエグゾーストエンドを採用し、ダイナミックな個性を強調しています。


搭載されるエンジンは、メルセデスAMGが独自に開発した6.3リッターV8エンジンを搭載。
最高出力336kW/457PS(6,800rpm)という圧倒的なパワーを誇ります。

またパワーウェイトレシオはわずか3.6kg/hpというすぐれた値を実現(欧州仕様値)。低速
から高速までどの回転域においても自然吸気ユニットならではのスムーズでフレキシブルな
エンジン特性を持ち、快適な走りをもたらす。最大トルクは600Nm(5,000rpm)を発揮、 2,000〜
6,250rpmの幅広いレンジで500Nmを上回る優れたトルクカーブにより、あらゆる速度域で圧倒的
な加速とクラス最高レベルのパワーを発生する。0〜100km/h加速4.5秒、最高速度250km/h
(リミッター作動)を誇るマシンに仕上がっています。

Mercedes-Benz-C 63 AMG-3.jpg

トランスミッションにはAMG スピードシフトプラス 7G-TRONICが採用されます。この7速オート
マチックトランスミッションは、AMGパドルシフトと"S"(スポーツ)、"C"(コンフォート)、
"M"(マニュアル)の3つのドライビングモードを備えます。AMGモデルとしては初めて、シフト
ダウン時の自動スロットルブリッピング機能を採用。

今回、トレッドを拡大した新設計3リンク式フロントサスペンション、新開発の車速感応式AMG
スポーツステアリングを採用。高速コーナリングにおいて正確なハンドリングと高い俊敏性を実現
しています。また、リアのマルチリンク式サスペンションについても徹底的に設計を変更。

さらに、この圧倒的なパフォーマンスに対応すべく、スポーツモード付3ステージESPを採用。
センターコンソールのスイッチにより、" ESP ON"、"ESP SPORT"、"ESP OFF"の3つのモード
を切り替えることが可能となっています。

C63 AMGの価格は、¥10.200.000。
posted by benzlove at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


メルセデスAMG F1メディカル・カー


SL63 AMGセイフティ・カーに続いて2台目のAMG高性能自動車、C63 AMGエステート公式F1
メディカル・カーが、シーズン開幕戦のオーストラリアGPで披露されます。

各グランプリのスタート時、メディカル・カーは最初の周回でF1マシンの後を走行。これは、F1マシン
が特に密集している最初の周回はレースにおける重大な局面だからです。またレース中にアクシデント
があった場合、メディカル・カーは現場に最初に到着し、できるだけ速やかな緊急治療を行うことを保証
します。

Mercedes-Benz-C 63 AMG F1 Medical Cars-1.jpg
Mercedes-Benz-C 63 AMG F1 Medical Cars-2.jpg

このかなり特殊なC63 AMGエステートは、文字通り1秒を争うような難しい課題にはうってつけ。
このは、336kW/457馬力、600ニュートンメートルのトルクを発揮するAMG 6.3L V8エンジンを
備えています。

AMGスポーツ排気システムは、大口径の排気管と新しいリア・サイレンサーを備えており、2本の
クロムメッキされた二重排気管からかなり独特な排気音が。信頼性を高めるために、冷却剤、
エンジン・オイル、トランスミッション・オイル、パワーステアリングの冷却が最適化されています。
冷却の最適化のために、新しいフロント・エプロンにもかなり大きな空冷用開口部が。

エンジンの出力はAMGの "SPEEDSHIFT 7G-TRONIC PLUS" によって滑らかに伝えられます。
また3段階ESPと、35%ロッキング効率のディファレンシャル・ロックとの組み合わせにより、完璧
なトラクションを獲得。

Mercedes-Benz-F1メディカル・カー-5.jpg

C63AMGエステート公式F1メディカル・カーもSL63 AMG公式F1セイフティ・カーと同様、スポーツ
カー風のドライビング・ダイナミクスと、特定のレーストラックに合わせてシャシーのセットアップ
を可能にする、用途の広い調整機能が組み合わせた新開発のスレッド・シャシーを特徴としています。

そして、ホイール/タイヤの組み合わせが完璧な路面感触をもたらします。8.5インチ(フロント)と
9.5インチ(リア)幅の19インチAMG軽量合金ホイールがそれぞれ255/35、285/30のサイズの
ピレリ・タイヤに取りつけられる。人目を引くマルチスポーク・ホイールの背後には、強力な
AMG高性能ブレーキング・システムが内蔵されており、非常に短い停止距離を可能にしています。

前車軸の内部換気される穴あきコンポジット製ブレーキディスクは360 x 36 mmのサイズで
6ピストン・キャリパーつき、後車軸の内部換気される穴あきコンポジット製ブレーキディスク
は330 x 26 mmのサイズ。特に高いストレスを受ける前車軸のブレーキ用に新開発された冷却
システムは、高い気温におけるブレーキング・システムの減速抵抗を最適化します。

Mercedes-Benz-F1メディカル・カー-6.jpg

一見すると、C63 AMGエステート公式F1メディカル・カーは規格生産車とほとんど見分けがつき
ません。よく観察すると、新しいAMGのフロント・エプロンには大きな空冷開口部があります。

リアの冷却装置はディフューザに組み込まれ、後車軸ディファレンシャルの能動冷却を行います。
セイフティ・カーと同様、メディカル・カーも、F1ロゴ、ルーフ・バー、フロントとリアのストロボ様
のフラッシュライトによってトラックでの特殊任務に注目を集めます。暗闇あるいは悪天候における
可視性を高めるため、メディカル・カーは "Medical Car" と書かれた後部ナンバープレートを
LEDで照らしています。


公式F1メディカル・カーは、医師でアマチュア・レースドライバーであるフランス人のジャック・
トロペナ博士が運転。

彼の隣には、FIAグランプリ公式医療最高責任者のゲイリー・ハートスタイン博士(ベルギー)が乗車。
ふたりは4点支持シートベルト付のAMGスポーツバケットシートに座り、後部座席にはふたりの医療
アシスタントが乗り込みます。

乗員はセンター・コンソールの2台のモニターでレーストラックでの動きを監視し、双方向無線
システムによってレース・マネージメントと連絡をとります。

Mercedes-Benz-C 63 AMG F1 Medical Cars-3.jpg
Mercedes-Benz-C 63 AMG F1 Medical Cars-4.jpg

インテリアは機能的で、ブラックレザーとカーボンファイバーを使った装備が特徴。365mmのAMG
パフォーマンス・ハンドルには、フラットアンダーサイドのハンドルリムとアルミニウム製シフトパドル
が取りつけられており、車両の完璧なコントロールを可能にします。荷物室は485Lという容量を誇り、
除細動器および人工呼吸器を含む緊急医療装備一式を十分収納できるようになっています。


メディカル・カーの開発、トラックテスト、製造は、AMG開発チームおよびAMGパフォーマンス・
スタジオの専門家が担当。

この過程では、モータースポーツ分野における40年以上のノウハウと、高性能のスポーツカーの
設計における豊富な経験が活用されます。サスペンションのチューニングと、全てのシステムと
部品の確認のために各種F1レーストラックで無数のテスト走行が実施されました。
posted by benzlove at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


AMGメルセデス・ベンツCクラス


過去2度ワールドチャンピオンに輝いた経歴を持つ元F1ドライバー、ミカ・ハッキネンが
現役引退を発表しました。

ミカ・ハッキネンのドイツツーリングカー選手権(Deutsche Tourenwagen Masters、
略称:DTM)マシン。
Mercedes-Benz-CLK DTM-1.jpg
Mercedes-Benz-CLK DTM-3.jpg
Mercedes-Benz-CLK DTM-4.jpg

AMGメルセデス・ベンツCクラス

ハッキネンは2001年シーズンをもってF1を引退した後、2004年DTMで現役復帰。3シーズンを
過ごしました。今年で39歳になるハッキネンは先週末シュツットガルトで開催されたメルセデスの
恒例イベント「スターズ&カーズ」に出席。1998年にタイトルを獲得したマクラーレン・メルセデス
「MP4-13」でのパレードランを行い、ファンに別れを告げました。

Mercedes-Benz-CLK DTM-2.jpg

「引退の決断は容易なものではなかった。しかしもう39歳。そろそろプロのドライバー生活には
別れを告げる時だと思う。でもレースへの愛は僕の血の中に流れているから、時々レースはする
と思う」

「モータースポーツの中、特にメルセデスベンツ・モータースポーツファミリーの中にできた
たくさんの友人たちにさよならを言うのは辛いよ。でもこれからもメルセデスベンツに関わること
ができることを嬉しく思う。僕らの長期的なコーポレーションについては後日明らかになるはず
だよ」とハッキネンは語っています。

ミカ・ハッキネン-ドイツツーリングカー選手権(DTM).jpg
posted by benzlove at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■C


メルセデス・ベンツ / C320 CDI


Mercedes-Benz-C-Class_2008-6.jpg
Mercedes-Benz-C-Class_2008-11.jpg

メルセデス・ベンツ / C320 CDI
posted by benzlove at 10:51 | メルセデス・ベンツ■C


メルセデス・ベンツ / C200コンプレッサー・エレガンス・デビューパッケージ


ダイムラー・クライスラー日本は、新型メルセデス・ベンツCクラス・セダンの
発売に合わせ、新型Cクラスの装備を充実させた特別仕様車、「C200コンプレッサー・
エレガンス・デビューパッケージを設定。550台限定で発売。

MercedesBenz-C200debut-2007-2.jpg

メルセデス・ベンツ /
 C200コンプレッサー・エレガンス・デビューパッケージ


このモデルは、新型C200コンプレッサー・エレガンスをベースに、アクティ
ブライトシステムを備えたコーナリングライト付きバイキセノンヘッドライト
とヘッドライトウォッシャーを装備。室内には上質感の高いレザーARTICOの
シート表皮を採用し、快適性と機能性を向上。

ボディカラーはベース車と同じく11色を設定。インテリアカラーはブラック
となります。

ボディカラーごとの販売台数は、パラジウムシルバーが230台、イリジウム
シルバーは120台、カルサホワイトは100台、オブディシアンブラックは60台、
そのほかは40台となっています。

価格は¥4.680.000でベース車の18万円高という設定に。
posted by benzlove at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | メルセデス・ベンツ■C


新型メルセデス・ベンツCクラス(W204)の価格&グレード


MercedesBenz-C300-avan-2007-1.jpg

■新型メルセデス・ベンツCクラス(W204)の価格&グレード一覧
・C200コンプレッサー・エレガンス(2.0直4+SC・5A/T):¥4.500.000
・C200コンプレッサー・アバンギャルド(2.0直4+SC・5A/T):¥4.600.000
・C250エレガンス(2.5V6・7A/T):¥5.580.000
・C250アバンギャルド(2.5V6・7A/T):¥5.700.000
・C300アバンギャルドS(3.0V6・7A/T):¥6.640.000

最廉価グレードのC200コンプレッサー・エレガンスは、先代の最廉価グレード
であるC180コンプレッサー・アバンギャルドの41万円高に。
また、エレガンスはアバンギャルドに対して10〜12万円安い価格設定となって
います。

MercedesBenz-new-C-W204-001.jpg

ハンドル位置は、C250エレガンス/アバンギャルドのみ右ハンドルと左ハンドル
が用意され、そのほかのグレードは右ハンドルのみの設定となっています。
posted by benzlove at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | メルセデス・ベンツ■C
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。