hhstyle.com


メルセデス・ベンツ / S63 AMG


メルセデス・ベンツの高性能部門、AMGは新型『S63 AMG』の概要を明らかにしました。実車はドイツで開催されるフランクフルトモーターショー13で初公開される予定です。

2013 Mercedes-Benz S63 AMG-04.jpg
2013 Mercedes-Benz S63 AMG-02.jpg

同車は5月、欧州で発表された新型『Sクラス』の頂点に立つ高性能グレード。AMGの4ドアサルーン車としては、最強のパフォーマンスが追求されています。

新型S63 AMGのハイライトは、エンジン。「V8 BITURBO」と呼ばれる5461ccのV型8気筒ツインターボエンジンを引き続き搭載。ただし、スペックは大幅に強化されています。

最大出力は585ps/5500rpm、最大トルクは91.7kgm/2250-3750rpmを発生。最新の『E63 AMG』の高出力版と最大出力は同じですが、最大トルクは81.6kgmから91.8kgmへ、10.2kgmも強化されています。先代S63 AMGとの比較では、最大出力は14psの引き上げに。

2013 Mercedes-Benz S63 AMG-08.jpg

トランスミッションは、7速デュアルクラッチのAMGスピードシフトMCT 7。新型S63 AMGは0‐100km/h加速を4.4秒で駆け抜け、最高速は250km/h(リミッター作動)に到達します。

2013 Mercedes-Benz S63 AMG-05.jpg
2013 Mercedes-Benz S63 AMG-06.jpg
2013 Mercedes-Benz S63 AMG-07.jpg

ホイールベースは、標準ボディとロングボディの2種類を設定。ロングボディには、メルセデスベンツの4WD、「4マチック」の最新世代版も用意されます。この4マチック仕様の新型S63 AMGは、0‐100km/h加速が4秒。通常のFR仕様よりも、0.4秒短縮しています。
posted by benzlove at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ / 新型Sクラスのインテリア


新型Sクラスのインテリアは、メルセデスベンツの最上級サルーンにふさわしいクオリティをいっそう高めています。
2014 Mercedes-Benz S-Class-06.jpg
2014 Mercedes-Benz S-Class-08.jpg

ダッシュボードはドアと連続感を持たせ、キャビンを包み込むようなデザイン。ダッシュボード中央には、12.3インチ(30cm以上)の大型モニターが配置されます。このモニターは地図などの情報を表示するのはもちろん、インターネットアクセスなどのコネクティビリティとしても機能します。

2014 Mercedes-Benz S-Class-09.jpg
2014 Mercedes-Benz S-Class-10.jpg

Sクラスといえば、自らステアリングホイールを握る顧客だけでなく、運転手付きで後席に座る顧客も多いです。新型では現行型以上に、後席の快適性を向上。独立2座仕様も設定されており、前席バックレストには大型モニターを装備。エンターテインメント性が強化されました。
posted by benzlove at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ / 新型Sクラス


ダイムラーは新型メルセデスベンツ『Sクラス』を発表しました。

2014 Mercedes-Benz S-Class-01.jpg
2014 Mercedes-Benz S-Class-02.jpg
2014 Mercedes-Benz S-Class-03.jpg

Sクラスはメルセデスベンツの最上級サルーンであり、世界の高級車の指標とされる伝統のモデル。新型は、「インテリジェントドライブ」、「エフィシエントテクノロジー」、「エッセンスオブラグジュアリー」の3つの大きな柱を掲げ、世界最高の自動車を目指して開発されました。

外観は現行モデルよりも、さらにエモーショナルな方向へと進化。フロントグリルはさらに大型化され、押し出し感を強調。空気抵抗を示すCd値は0.24と、セグメントの新基準となる流麗なボディをまといます。ヘッドライトやテールランプには、多くのLEDが使用されています。

2014 Mercedes-Benz S-Class-11.jpg
2014 Mercedes-Benz S-Class-04.jpg

新型も現行型同様、ショートホイールベース(標準ボディ)とロングホイールベース(ロングボディ)の2種類を用意。ボディサイズは、ショートが全長5116×全幅1899×全高1483mm、ホイールベース3035mm。ロングが全長5246×全幅1899×全高1483mm、ホイールベース3165mm。ロングはショートよりも、全長/ホイールベースが130mm長くなっています。

ガソリンエンジンは、当初1種類のみ。「S500」(日本では「S550」)は、4.7リットルV型8気筒ツインターボを継続搭載。最大トルクは71.4kgm/1800-3500rpmと変わりませんが、最大出力は455ps/5250rpmと、現行比で20ps引き上げられました。

0-100km/h加速は4.8秒、最高速は250km/h(リミッター作動)の実力。欧州複合モード燃費は11.63km/リットル、CO2排出量は199g/kmと、クラス最高レベルを追求しています。
posted by benzlove at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツの彫刻作品、『Sの美学』


ダイムラーはフランスで9月27日に開幕するパリモーターショー12のメルセデス・ベンツブースに、『Aesthetics S(Sの美学)』と名付けた彫刻作品を出品すると発表しました。

メルセデス・ベンツ 彫刻作品 Sの美学-01.jpg

この彫刻は、メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン、次期『Sクラス』のデザインの方向性を示唆した作品。メルセデスベンツは2010年以降、“Aesthetics”と命名された彫刻を3作品発表しており、その多くが市販モデルに結びついています。

『Sの美学』と名付けられた今回の作品。メルセデスベンツのデザインを統括するゴードン・ワーグナー氏は、「歴代Sクラスは、時代を超越したデザインだった。この作品もその伝統を受け継ぎ、次期Sクラスのデザインの方向性を提示したい」とコメントしています。

メルセデス・ベンツ 彫刻作品 Sの美学-05.jpg
メルセデス・ベンツ 彫刻作品 Sの美学-02.jpg
メルセデス・ベンツ 彫刻作品 Sの美学-03.jpg
メルセデス・ベンツ 彫刻作品 Sの美学-04.jpg

なお、パリモーターショー12の会場では、メルセデス・ベンツのブースに、最新のプロジェクター機器を導入。この『Aesthetics S』を3Dで浮かび上がるようにして披露するそうです。
posted by benzlove at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ / Sクラス デジーノリミテッド


メルセデス・ベンツ日本は、『Sクラス』に、スペシャルオーダーの内外装などを装備した特別仕様車「デジーノリミテッド」の発売を開始しました。

メルセデス・ベンツ Sクラス デジーノリミテッド-2012-01.jpg
メルセデス・ベンツ Sクラス デジーノリミテッド-2012-02.jpg


特別仕様車は、「S550ブルーエフィシェンシー ロング」および「S63AMGロング」をベースに、特別注文色デジーノカラー3色を含む全6色のボディカラーを用意。さらに最上質レザーを使いエクスクルーシブな空間を演出するデジーノフルレザーインテリアを採用しました。

装備面では、乗員の快適性をさらに高めるラグジュアリーシートパッケージや、外観の精悍さを増すAMGスポーツパッケージ(S550ロングのみ)と20インチAMG 5ツインスポークアルミホイール、通常のガラス・スライディングルーフの約2倍の透過面積を持つパノラミックスライディングルーフなどを装備。

価格はS550ベースが1595万円、S63AMGベースが2400万円。納車開始は10月以降の予定となっています。
posted by benzlove at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ / S400ハイブリッド


ダイムラーは4/8、ニューヨークモーターショーで『S400ハイブリッド』を発表しました。
3.5リットルV6ガソリンエンジンにモーターを組み合わせて、欧州複合モードで12.7km/l
という燃費性能をマークしています。

Mercedes-Benz-S400 Hybrid-1.jpg
Mercedes-Benz-S400 Hybrid-2.jpg

ダイムラーは2008年10月のパリモーターショーで、『S400ブルーハイブリッド』という
プロトタイプを披露しましたが、ハイブリッドシステムは、このプロトタイプと基本的に共通。

Mercedes-Benz-S400 Hybrid-3.jpg

注目のパワートレーンは最大出力279psの「S350」用3.5リットルV6に、最大出力20ps、
最大トルク16.3kgmの小型モーターを追加したもの。システム全体では、最大出力299ps、
最大トルク39.3kgmを発生します。アイドリングストップ機能や回生ブレーキも装備され
ました。

ハイブリッドモジュールは非常にコンパクトで、モーターはエンジンと7速AT「7Gトロニック」
の間にレイアウトされます。2次電池は新開発のリチウムイオンバッテリー。小型高効率
なのが特徴で、エンジンルームに配置されるため、室内やトランクスペースはいっさい犠牲に
していません。

これらの専用システムを導入した結果、S400ハイブリッドは欧州複合モード燃費12.7km/l
を実現。この数値は5.5リットル V8(382ps)を積む「S500」(日本や米国では「S550」)よりも
30%良好な数値です。CO2排出量は186g/km。ダイムラーは「ラグジュアリークラスで最も
CO2排出量が少ないモデル」と胸を張ります。

Mercedes-Benz-S400 Hybrid-4.jpg

エクステリアおよびインテリアは、S400ハイブリッド投入と同時に行われた『Sクラス』の
マイナーチェンジに準じており、新デザインのグリルやバンパー、LEDヘッドランプ&
テールランプ、ステアリングホイールなどが採用されています。

Mercedes-Benz-S400 Hybrid-5.jpg

S400ハイブリッドは、6月に欧州で販売開始。ドイツでの価格は、8万5323ユーロ(約1135万円)。

同車は今秋、日本にも上陸することが決定しています。Sクラスは世界のラグジュアリー
サルーンの指標といわれるだけに、ハイブリッド設定は環境派のエグゼクティブに支持される
ことでしょう。
posted by benzlove at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ / S600プルマン・ガード インテリア


完璧に仕上げられた上質の木材と最高の皮革をふんだんに使ったという豪華なインテリアは
見逃せないポイントです。

Mercedes-Benz-S 600 Pullman Guard-4.jpg

ストレッチリムジンの定石通り、前後対面式のリアシートが収まる後席のインテリアは、
メルセデス・ベンツ社によれば、「プルマンの伝統を継承した、走る応接室としてこれ
以上のものはないレベルに仕上げた」といいます。

Mercedes-Benz-S 600 Pullman Guard-5.jpg
Mercedes-Benz-S 600 Pullman Guard-6.jpg

6.5インチサイズのタッチ式スクリーンをメインとした車内エンタテイメントシステムや、
マイバッハにも採用されている瞬時に素通しと遮蔽を切り替えられる液晶式パーテーション、
飲み物を冷やす冷蔵庫やグラスだけでなく、シャンパンが似合いそうなボトルもホールド
できるカップホルダー、前後それぞれに独立して温度設定が出来るエアコンなど、世界トップ
クラスのVIPが望む装備を余すところなく押さえていると思われる数々。

Mercedes-Benz-S 600 Pullman Guard-7.jpg
posted by benzlove at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ / S600プルマン・ガード


独ダイムラーが、メルセデス・ベンツSクラスベースの最新型リムジンS600プルマン・ガード
を発表しました。ちなみに「プルマン」の名は、もともとはアメリカ製の鉄道用豪華客車に
使われたものですが、今では高級リムジンの代名詞となっているといいます。

S600プルマン・ガードという車名からも分かるとおり、このモデルはS600をベースに開発。
ストレッチされたホイールベースは 4315mmで、これはS600のロングバージョンよりも
1150mm長く、ルーフ高が60mm高くされており、より一層広いヘッドルームが提供されています。

Mercedes-Benz-S 600 Pullman Guard-1.jpg
Mercedes-Benz-S 600 Pullman Guard-2.jpg
Mercedes-Benz-S 600 Pullman Guard-3.jpg

メルセデス・ベンツ / S600プルマン・ガード

メルセデス・ベンツS600プルマン・ガードは、同社の最上級にあたるストレッチリムジン。
標準車より広い室内空間に加え、テロリストの奇襲に耐えうる高い防弾性能を誇るのが特徴
となっています。

防弾機能を備えたリムジンモデルは、コーチビルダーが市販車を改造してケースがほとんど
ですが、メルセデスは、自社の工場で生産する数少ないメーカーのひとつです。

メーカー生産ならではのドアの隙間や、ロック部分など細かなところまで防弾機能を持たせた、
徹底した作り込みを誇ります。

エンジンは、5513ccのV型12気筒ツインターボが搭載される。出力は380kW/830Nmと
強力ですが、これは重くなったボディを軽快に走らせる為だけでなく、襲撃された場合など、
危険な状態に陥った場合、そこから素早く脱出する為に有効なのだと、メルセデス・ベンツ社
は説明しています。

運転席と仕切られた後部座席は、対向4人掛けになっており、VIPが移動しながらのミーティング
や客人のおもてなしをできるように設計されています。

Mercedes-Benz-S 600 Pullman Guard-7.jpg

メルセデス・ベンツは、1928年に最初のリムジンモデル“ニュルブルク460シリーズ”を
世に送り出して以来、リムジンの開発において80年の伝統を持っています。1930年に登場
した“770グランド・メルセデス”は、日本において昭和天皇の御料車として活躍した歴史
があります。


なお、メルセデス・ベンツ社が、「S600プルマンガードの仕様は、インテリアだけでなく
セキュリティ装備に至るまでが、基本的には顧客のリクエストに応じるオーダーメイドだ」と
している為、仕様の詳細は明らかにされないません。

ちなみに、ごく一部なのだと注釈付きで公表されたセキュリティ装備は、手榴弾などによる
損傷を予防する二重カバー構造の燃料タンク、万一の事態の際に素早くドアをロックし、周辺
に音と光で緊急事態を告げることが可能なパニックアラームシステム、車両後方の安全確認を
し易くするリアカメラ、防弾性が高められた特別仕様のガラスなどがあるそうです。
posted by benzlove at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツS65AMGロングが改良、高級感と快適性がさらにアップ


ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツSクラスのハイパフォー
マンス・モデルであるS65AMGロングに一部改良を実施。

20070828_01_benz_01.jpg

今回の改良では、フルレザー仕様のインテリアのシートクッションとシート
バック、およびドア内張りに、シートカラーと同色系のダイヤモンド形状ステッチ
を採用したほか、インテリアトリムにポプラウッド(無償オプション)を追加。

エレガントさを一層高めています。

さらに後席にオーディオ音量調節機能および選曲機能を装備し、快適性を向上。

S65AMGの価格は¥28.800.000で、従来から60万円の値上がりに。
posted by benzlove at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ / S550ロングのカスタムオーダー受注


ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツS550ロングに内外装色や
オプションを顧客の好みに合わせて自由に組み合わせることができるカスタマイズ・
プログラム「S550ロング・カスタムオーダー・プログラム」の注文を6月1〜30日の
期間限定で受け付けると発表しました。

MercedesBenz-S550-custom-2007.jpg

「S550ロング・カスタムオーダー・プログラム」では、ボディカラーに通常設定
されているカラーに加え、上級モデルのS600ロングやAMGモデルのみに設定され
ている特別注文色“デジーノ”のなかからミスティックホワイトIIとプラチナ
ブラック、デジーノシルバーを用意。

インテリアカラーと素材には茶色系のアルマニャックと乳白色系のポーセレンを
基調としたインテリア・パッケージを設定しています。

また、特別設定の装備としてエクステリアをダイナミックに演出するAMGスポーツ・
パッケージと、大開口のパノラミック・スライディングルーフを用意。

特別装備の価格は以下の通りです。


■メルセデス・ベンツS550ロング・カスタムオーダー・プログラム

●ボディカラー
・ミスティックホワイトII:¥357.000
・プラチナブラック:¥252.000
・デジーノシルバー:¥252.000

●内装色/素材
・アルマニャック・インテリア・パッケージ:¥770.000
 シートカラー:シングルアルマニャック
 インテリアトリム:メープルグレインウッド/ナチュラル
 アルカンターラルーフライナー:アンスラサイト

・ポーセレン・インテリア・パッケージ:¥770.000
 シートカラー:シングルポーセレン
 インテリアトリム:ピアノラッカーウッド/ブラック
 アルカンターラルーフライナー:アンスラサイト

●特別設定装備
・AMGスポーツ・パッケージ:¥1.050.000
 AMGスタイリング・パッケージ
 20インチAMGアルミホイール

・パノラミック・スライディングルーフ:¥190.000

車輌本体価格は通常通り¥14.100.000で、デリバリーは8月以降の予定。
posted by benzlove at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(2) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ / S63 AMG


ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツの最高級セダン、
Sクラスのトップ・パフォーマンス・モデルとなるS63AMGロングを発売。

メルセデス・ベンツ / S63 AMG

メルセデス・ベンツ / S63 AMG

S63 AMGは、AMG社が独自開発した最高出力525ps/6800r.p.m.、最大トルク
64.2kg-m/5200r.p.m.の6.3リッターV8DOHCを搭載。

トランスミッションには、専用に強化した7A/Tの7Gトロニックを組み
合わせます。結果、車輌重量が2トンを超えていながら、0〜100km/h加速
4.6秒という数値を実現しています。

シャシーには、各種センサーが車体の動きを検知し、その信号を元に電子
制御式油圧サスペンションを瞬時に制御するアクティブ・ボディ・コント
ロールを採用。

ブレーキは、フロントにツインキャリパーと新開発大径ディスクを備えた
AMGブレーキ・システムを装備し、パフォーマンスとアクティブ・セーフ
ティを極めて高いレベルで両立しています。

エクステリアには、AMGデザインのフロント・スポイラーやサイド&リア・
スカート、19インチAMGマルチスポーク・アルミホイール、AMGデュアル・
ツインクローム、エグゾーストエンドなどを装備。
ラグジュアリーかつダイナミックなスタイリングに仕上げられています。

インテリアには、セミアニリン・レザーのフルレザー仕様を採用した
アルカンターラ・ルーフライナーやドライビング・ダイナミック・シート、
パドルシフト付きAMGスポーツ・ステアリングを装備しスポーティさと
優れた快適性を実現。

センターコンソール中央のアナログ時計は“IWCインヂュニア”デザインを
採用し、高級感を一層引き立たせています。

S63AMGロングの価格は¥20.900.000(右/左ハンドル)。
posted by benzlove at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ / S600ガード・プルマン


ダイムラー・クライスラーは、メルセデス・ベンツSクラスに、世界中
のセレブリティが安全に移動するための最高級リムジン、「S600ガード・
プルマン」を設定しました。

S600ガード・プルマン

メルセデス・ベンツ / S600ガード・プルマン


メルセデス・ベンツ・リムジンのフラッグシップ・モデルに与えられる
“プルマン”の車名が与えられたこのモデルは、最高出力 517hp/5000r.p.m.、
最大トルク84.6kg-m/1900〜3500r.p.m.の5.5リッターV12ツイン
ターボを搭載した S600Lの防弾仕様をベースに開発。
超ロングホイールベース化して後席空間を対面式の4人掛けとしたうえで
防弾処理を施し、最高レベルの快適性と乗員保護性能を実現しています。

自動小銃や手榴弾などによる攻撃にも耐えるこのモデルの防弾処理は、
ドイツのジンデルフィンゲン工場で経験豊富なセキュリティ技術の専門化
が手掛けています。ドアやリアウォール、サイドパネル、ルーフライニング、
ファイアーウォールなどは、完成車に改造を加えるのではなく、専用部品を
直接ボディシェルに組み込む方法を採用。
また、ランフラットタイヤや自己密封式燃料タンク、消化システムなどを
装備し、乗員保護性能をより強化しています。

室内には移動オフィスとしての装備が備わるほか、通信装備、エンター
テインメント装備も設定。

顧客には2008年後半からデリバリーされる予定で、世界中のどこでも高水準の
サービスが受けられる体制も整えられるそうです。

S600ガード・プルマン
歴代プルマンは80年間に渡り世界中の要人を運び続けてきました。
昭和天皇の御料車(1932年型および1935年型770K)にもなっています。
posted by benzlove at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ / S550 4MATIC


S550-4matic.jpg

メルセデス・ベンツ / S550 4MATIC

メルセデス・ベンツの最高級セダンSクラスの4WD車の「S550 4MATIC」。

S550 4MATICは、フルタイム4WD機構とともに、滑りやすい路面での走行時
や危険回避時に、4輪の各ブレーキやエンジン出力を制御する4ESP(4エレ
クトロニック・スタビリティ・プログラム)を採用。優れた走行安定性と
操縦安定性を実現しています。

また、S550 MATICに採用された新設計の小型軽量4WDシステムは、後輪駆動
モデルと同等の室内空間を実現しながら、従来の4WDシステムに比べ、車輌
重量増加の抑制や、ノイズ、振動の低減を実現している点もポイントです。

S550 4MATICの価格は¥13,300,000。左ハンドル仕様のみ。

また、S550 MATICの追加設定に合わせ、従来のS500がS550に、S500ロング
はS550ロングに、それぞれ車名が変更されます。
posted by benzlove at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ /
S350 AMGスポーツエディション


S350-AMG-1.jpg

メルセデス・ベンツ / S350 AMGスポーツエディション

メルセデスの最高級セダンであるSクラスの、特別仕様車「S350 AMGスポーツ
エディション」。350台の限定販売です。

この特別仕様車は、それぞれS350をベースに、AMG社が専用にデザインした
フロント・スポイラー、サイド・スカート、リア・スカートのほか、AMG製
5スポーク・アルミホイール(19インチ)やAMGツイン・クローム・エグゾー
スト・エンドなどを装備。

インテリアには、シルク・マット・ウォールナット・ウッドをあしらった
トリムとステアリングを採用。

また、前席シート・ヒーターや前席メモリー付きパワー・シート、運転席
イージー・エントリー、パークトロニック、助手席側リバース・ポジション
機能付きドアミラーを含むラグジュアリー・パッケージや、ガラス・スライ
ディング・ルーフ、自動開閉トランク・リッド、セミアニリン・レザー・
シート、ハーマン/カードン・サウンド・システムを特別装備します。

S350 AMGスポーツエディションの価格は¥12,000,000。
ベースモデルの¥213.000アップとなります。


posted by benzlove at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ /
S550ロング AMGスポーツエディション


S??????-AMG-Sports-Edition-1.jpg

メルセデス・ベンツ / S550ロング
           AMGスポーツエディション


メルセデス・ベンツの最高級セダンであるSクラスに、スポーティな外観と
快適性および安全性をより高める装備を採用した特別仕様車、S550ロング
AMGスポーツエディション。250台の限定です。

この特別仕様車「S550ロング AMGスポーツエディション」は、S550ロングを
ベースにメルセデスAMGが専用にデザインしたフロント・スポイラー、サイド・
スカート、リア・スカートのほか、20インチのAMG・5スポーク・アルミホイー
ル、AMGツイン・クローム・エグゾーストエンドを装備し、躍動感のあるスタ
イリングに仕上げられています。

装備面では、前後席マルチコントロール・シートバックや前後席シート・
ベンチレーター、後席メモリー付きパワーシート、後席マッサージ機能、
自動開閉トランクリッドを採用し、快適性を大幅に向上。

夜間走行時に前方の障害物を赤外線でとらえて映像化するナイトビュー・
アシストを装備し、安全性を向上している点もポイント。

ボディカラーはオブディシアン・ブラック、インテリア・カラーはブラック
を設定。左ハンドル仕様のみで、価格はベース車の¥2.035.000アップの
¥16.000.000。
posted by benzlove at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ / Sクラス リムジン


BINZ-S-1.jpg
BINZ-S-2.jpg

メルセデス・ベンツ / Sクラス リムジン

ドイツに本社のあるコーチビルダーのビンツ(BINZ GmbH)がつくった、
Sクラスのリムジンです。一言、長い・・・。

メルセデス・ベンツSクラスのシャーシを延長し、6ドア8人乗りに改造した
もの。エンジンは、S320のV6コモンレール式ディーゼル、または、S350の
V6・24バルブ・ガソリンエンジンが用意されています。
S600のエンジンのほうが面白いのでは?っと思うのは私だけでしょうか、。

ビンツのSクラスリムジンは、受注生産のみ。ちなみにイギリスでの価格は
8万ポンド(約1700万円)。意外に安い、?
posted by benzlove at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ /
S500ロング AMGスポーツエディション インテリア


メルセデス・ベンツ / S500ロング AMGスポーツエディションのインテリア。
MercedesBenz-S500L-AMG-1.jpg

メルセデス・ベンツのフラッグシップにふさわしい豪華なインテリア。
ウッドパネルは光沢を抑えたシルクマットウオールナットウッドを採用。

背もたれのサポート性を細かく調整できるマルチコントロールシートバックや
シートとの間にこもった湿気をファンで除去するシートベンチレーターなどを
含む “S500ロング ラグジュアリーパッケージ”と、光沢を抑えたシルク
マットウオールナットウッドを組み合わせ、より上質な空間を演出しています。

シート地には、上質でしなやかなブラックセミアニリンレザーを採用。
MercedesBenz-S500L-AMG-2.jpg

限定300台はアッという間に売れたそうです、。




posted by benzlove at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ /
S500ロング AMGスポーツエディション


S??????-AMG-Sports-Edition-1.jpg

メルセデス・ベンツ / S500ロング                 AMGスポーツエディション

最高級セダンであるSクラスの特別仕様車「S500ロングAMGスポーツエディ
ション」。350台限定。

S500ロングをベースに、AMG社が専用にデザインしたフロント・スポイラー、
サイド・スカート、リア・スカートのほか、AMG製5スポーク・アルミホイール
(20インチ)やAMGツイン・クローム・エグゾースト・エンドなどを装備。

ラグジュアリー・パッケージや自動開閉トランク・リッドのほか、設定に
応じて速度および車間距離を自動調整する先進のクルーズ・コントロール・
システム、ディストロニックを特別装備。

また、ボディカラーには、通常S65AMGおよびS600ロングのみに設定されてい
るデジーノ・モカブラックを用意。

まさに至れり尽くせりな内容です、。

S500ロング AMGスポーツエディションの価格は¥16.200.000。
ベースモデルの¥223.500アップとなります。
posted by benzlove at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ / S600 ロング インテリア


メルセデス・ベンツ / S600 ロングのインテリア。
S500-IN-1.jpg
s600l_SEAT-1.jpg

トップモデルにふさわしいインテリアには、ソフトでしなやかなセミアニリンレザーシートや、アルカンタラルーフライナー、ダークウォールナットインテリアトリムなどを採用。

前後席ともにマルチコントロールシートバックが与えられているほか、シートベンチレーターやマッサージ機能といった快適装備が。

トップモデルのS600ロングならではの専用のオプションとして、従来AMGモデルにのみ設定されていたインテリア&エクステリア特別注文プログラム「designo (デジーノ)」の中から、11色の特別外装色もしくは、2色の特別外装色と2色の特別内装色を組み合わせた4種類のパッケージを選択できる、「designo V12 Exclusive (デジーノ V12 エクスクルーシブ)」も新設定されています。

Mercedes-Benz-S600-Long-IN.jpg

まさに至れり尽くせり、。

mercedes-S500-long-in-3.jpg
mercedes-S500-long-in-4.jpg
posted by benzlove at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S


メルセデス・ベンツ / S600 ロング


Mercedes-Benz-S600-Long-1.jpg

メルセデス・ベンツ / S600 ロング

搭載するツインターボチャージャー付き5.5リッターV型12気筒エンジンは、最高出力517ps、最大トルク84.6kg-mを発生。これはS500が搭載する5.4リッターV型8気筒DOHCのスペック(387ps/54.0kgm)をはるかにしのぎ、特別な存在であるS65AMG ロングのツインターボチャージャー付き6.0リッターV型12気筒(612ps/102s-m)にも迫るもの。

車両価格は1900万5000円というプライスタグが付きます。

走りのための機能としては電子制御式油圧サスペンション、ABC(アクティブ・ボディ・コントロール)の進化版を装備し、Sクラスのトップモデルにふさわしいスムーズな乗り心地と、優れた操縦安定性を両立しているとのこと。夜間走行時における安全性を向上させてくれる「ナイトビューアシスト」が標準装備されているのもポイントです。

エクステリアでは、専用デザインの18インチ5スポークアルミホイール、リア左右のツインクロームエグゾーストエンドを装備。
posted by benzlove at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツ■S
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。